怖い絵

兵庫県立美術館に『怖い絵展』を観に行ってきた。

安藤忠雄氏の設計らしく、なかなか目的地にたどり着けない(笑)
私が極度な方向オンチのせいほあるけど。
画像

さて、怖いというか、確かに怖いけどそれよりも不気味な絵がいっぱいだった。

1.神話と聖書
2.悪魔、地獄、怪物
3.異界と幻視
4.現実
5.崇高 の風景
6.歴史

そしてやはり「現実」が一番怖かった。
悪魔や髑髏や亡霊も怖いけど、それは画家が想像で描いているからきみ悪い絵ではあるけど
本当に人がやったことのほうが怖い。
人間というものは何より恐ろしいわ。

ところで平日の午後というのに人多すぎ。
チケット買うにも長蛇の列。説明文もなかなか読めないし、すこしさがって観たくても動けない。
だからあんまり展覧会って行きたくてもついつい、ま、いいか、になってしまう。

今日は日頃あんまり会えない友人と一緒に行ったので、ランチやお茶してたくさんお喋りもできたので良かった。いい一日を過ごせた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント