リコーダーアンサンブルのコンサートへ

リコーダーアンサンブル
tuku×2(本当はtukuの二乗なんだけどどうやったら表示できるのか私にはわからない)
第10回演奏会
サマーコンサート

へ行ってきた。
場所は4月にも行った豊中市文化芸術センター 小ホール

アマチュアのリコーダーアンサンブルで無料のコンサート、第10回ということだが、確か2年に1回開催されているので、20年目ということかな。

事前に案内をもらって「おや?」と思ったのは、【昼の部】と【夜の部】があるということ。
もう一度言う。アマチュアの無料コンサートだ。一日に2回やるかなぁ、普通。
ところが…  開場前に行って良い席を取ろうと早めに到着した。
が、すでに人でいっぱい!しかも行列している!

結局人が集まりすぎて2回公演を3回に増やして開催。びっくりだ。

本来1部と2部の間にある休憩はなし。お喋りも最小限の曲の説明のみにし、終了後は即アンコール曲。さっさと次のお客さんと交代としてください、みたいな。

早めに行って良かった。終了後ホールから出ると、すでに長蛇の列。
知り合いのH氏がいた。
「1時間も並んでんねん」だそうだ。普通に開演時間前に到着したらしい。

確かにとってもお上手なアンサンブルだ。
どの曲も聴きごたえがあり、特に個人の技術レベルが高い。
中のお二人には木曜日のアンサンブルもずいぶんお世話になった。
にしてもなんでこんなにびっくりするくらいお客さんが集まったのだろう?

プログラムにのせている「ごあいさつ」の文の中に「宣伝活動にも力をいれた」とある。
是非、ぜひ教えていただきたい!
もちろんリコ♪オケの来年6月3日の演奏会のために。

プログラム


◆王宮の花火の音楽   G.P.ヘンデル
  オーバーチュア(序曲)
  ブーレ
  ラ・ペ(平和)
  メヌエット 
  レジュイッサンス(歓喜)

◆ハンガリー舞曲 第1番  J.ブラームス

◆ポル・ウナ・カベーサ(首の差で)  C.ガルデル

◆クラリネット・ポルカ     ポーランド民謡

◆ラ・フォリア        A.コレッリ



◆歌劇「アイーダ」より凱旋行進曲  G.ヴェルディ

◆ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」より  R.ロジャース
  サウンド・オブ・ミュージック
  ドレミの歌
  ひとりぼっちの羊飼い
  すべての山に登れ

◆「ウイリアム・テル序曲」より   G.ロッシーニ
  嵐
  牧歌
  スイス独立軍の行進



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント