ベル講習会

ミュージックベルの講習会へ行ってきた。

7月にあった演奏会が素晴らしかったので、興味はあった。
でも私は自分の不器用さをよく知っているので、見て聴いて楽しむだけで充分、と思ってた。
ところが、それをアルバイト先で話したら、バイト仲間が興味津々。
「やってみたい!」と言い出した。
そういえば彼女は講習会好き。去年はカホンの講習会に行き、カホンを自作し、その後は演奏の講習も受けているようだ。自身はエレクトーン教師だが、ドラムも習っているし、「サックス習いたーい!」と、時々叫んでいる。
その人の前でしゃべったら、そりゃ行きたがるのは当然か。
で、なんで「リコーダーやりたい」とは思わないんでしょ?

連れて行ってくれたのは、リコ♪オケで一緒にリコーダーを吹いているもっちーさん。
貸し会議室とかではなく、仲間の方が自宅を開放して講習会の会場にしてくださっている。
広いお部屋にはグランドピアノとアップライト、エレクトーンにクラビノーバ、ドラムセットなどが置いてある!!
書棚には本がいっぱーい!! なんちゅう素敵な部屋なんでしょ!!

参加したのは10人くらいいたように思う。
なんか講習会があるよ。というのを聴いて。勝手にミュージックベルの普及のためのものだと思った。だから集まる人は初めての人ばかり。体験レッスンだ。と思ってた。でもそういえばもっちーさんが
「今回は初めての人が多いから先生が簡単な曲を用意してくれはるらしいわ」と言っていた。
「ふーん」と答えたものの、???ということはベテランさんもいたはるの?
で、やっぱり初めては4人?半分は経験者というか、すでにやっている人達。
ま、おかげでちゃんと曲になってよかった。初心者ばかりだったら何の曲やってるんだかわかんないところ。

曲はすべて先生の編曲で、手書きの譜面のコピーをいただいた。
メロディーと伴奏。それぞれに「振り分け」がある。これがおもしろいところ。奏者の担当ベルが譜面の下方に必ず書いてあるのだ。
「じゃ、この音の担当ね」と安心したらとんでもない。すぐに交代だ。パートは固定ではないのね。
自分が担当する音は、譜面の音符に丸印をつけるので、交代すると、譜面固定で、人間がずれて動いていく。これもおもしろい!そりゃ、演奏会なんかだと固定するんだろうけど。

音符に丸印をつけるほかに、1つの譜面で丸印、バツ印、三角印がついている譜面もある。これは上級者編やん?私はギブアップ・・・。

演奏した曲
 旅愁
 もろびとこぞりて
 あわてんぼうのサンタクロース
 さんぽ

ベルの音の出し方は「くぎ打ち」と「トレモロ」
右手はともかく、左手はへたっぴやわ~~  でもいい音
ただすべてアルファベットで記されているのがつらかった。すぐにわかるのはCとGとFくらい。
「えーっとAはラやなぁ」と考えていたら到底間に合わない。そこへいくと一緒に参加したTさんは
「エレクトーンは英語表記やから楽ちん」などとおっしゃってましたわ。

皆さんの足引っ張ってばかりだった気がするけど楽しかった~~
今度は「初心者限定」の講習会に参加したいわ~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

もっちー
2012年11月10日 22:30
講習会、お疲れ様でした。
頭の体操になったでしょう?
いつも大変なんです。あーとかわーとかきゃーとか。
「ド」って言いましたよね、鳴らすかわりに。最高でした!
日程が合えばまた行きましょうね。
エリーらぶ
2012年11月11日 01:07
>もっちーさま
お世話になりました。楽しかったですけどね・・・
頭の体操じゃなくて、頭はすでにオーバーヒートしてましたわ。
次回は残念ながら私もTさんも仕事がはじまっているので参加できませんが、またチャレンジしたい気持ちはあります。Tさんは本当に参加できないのを残念がってました。